FC2ブログ

記事一覧

リズム体操

 園では3歳児以上のクラスを対象に、月に一回リズム体操を行っています。音楽を聴き、そのリズムに合わせて身体を動かしていきます。


 具体的には、日本の童謡、例えば「あひる」の音楽が流れるとしゃがみ歩きをします。「どんぐりころころ」では床に寝て、身体をひねりながら転がります。「かえる」ではしゃがんだ姿勢から大きく跳び上がります。その他にも沢山の種類があり、リズムに合わせて跳んだり跳ねたり、四つ這いになったり、また横になって体を揺らしたり、足を持って体を丸めたりそらせたりと、さまざまな姿勢になって身体全体を動かします。こうした運動は、運動神経と感覚神経を高め、脳の中枢神経の発達を促すと言われています。


 一見簡単そうに見える動作も、思った以上に全身の筋肉を使っています。また、音楽に合わせて動くには音の変化を捉える必要があり、その為の集中力も養われます。運動の中で足指の蹴りを大切にしたいので、裸足で行っています。リズム体操の時間では、子ども達が楽しそうに身体を動かしている姿を見ることが出来ます。


DSCN0292.jpg DSCN0293.jpg


DSCN0301.jpg DSCN0296_20200122104700f7f.jpg


DSCN0310_202001221049200bd.jpg DSCN0308_202001221049214ef.jpg


DSCN0313.jpg DSCN0323.jpg







スポンサーサイト